Eba’s blog

20代既卒男子の日々感じたことや考えたことについて

まさか僕が?うつ状態になった時の話と皆様に伝えたいこと

こんにちは!えばと申します!

rky-affiliate.hatenadiary.com

 この記事をご覧いただきありがとうございます!

 

皆様は鬱のことをどう思いますか?

また、鬱にはどういう人がなりやすいと思いますか?

もし気になりましたら是非調べてみてください。

鬱に対して皆様が少しでも理解していただけると幸いです。

 

僕の鬱体験談

僕は就職活動中鬱状態になりました。

就職活動がうまくいかず、毎日自分を責めていたのが原因だと思われます。

面接を受けては不採用通知をもらう日々を過ごし、

自分は社会に必要とされていないんだ

と痛感したのを今でも覚えています。

f:id:rky-0619:20210423032649j:plain

自分を責め続けながら毎日を過ごした僕は自分に対する自信をすべて失っていました。

自慢ではないのですが、僕は小学校の時から勉強も運動も人並み以上にはでき、恋愛も人並みにしてきていました。

特に挫折経験のないまま成長してしまった僕にとって就職活動は初めての挫折経験でした。

どんなに工夫してもうまくいかない。

どんなにちゃんと準備しても不採用になる。

こんな経験は生まれて初めてでした。

普通ならこの段階で周りの友達や家族に相談すれば力になってくれるはずです。

ただ、人生において挫折経験のない僕は周りに弱みを見せたことがありませんでした。

そのため相談の仕方もわかりません

f:id:rky-0619:20210418054826j:plain

相談できないとなると、自分一人で何とか解決する以外方法がありません。

ただどんなに努力しても不採用。

もうどうすればいいのかわからない状況でした。

そんな中周りは内定をもらい遊んでいる。

どう表現したらいいかわからないくらい気分はどん底でした。

そして動悸が止まらなかったり呼吸が浅くなったり夜寝られなかったり食欲が減ったりと、ちょっとした鬱状態になってしまいました。

僕が思ったこと

僕は、

まさか自分がうつ状態になるなんて

と真っ先に思いました。

性格もそこそこ明るいほうでしたし、友達も多く充実した人生を送ってきました。

f:id:rky-0619:20210416021717j:plain

そういう人は鬱とは無関係だと勝手に思い込んでいたのです。

鬱は少し引っ込み思案気味で友達もあまり多くないような方がなるものだと思っていました。

(※大変失礼ですがお許しください)

そのような性格とは正反対の人間だと自負していたので、まさか自分がそうなるとは思いもしませんでした。

 

 僕の体験から皆様に伝えたいこと

 誰でもうつ状態になる可能性がある

f:id:rky-0619:20210416021055p:plain

まず僕が伝えたいことは、

鬱状態になるのに性格等はあまり関係ないと思う

ということです。

(性格との関連性は本当はあるかもしれませんので、あくまで個人の見解だと思ってください)

 どんなに明るい人でもうつ状態になる可能性は十分にあります。

受験、就職活動、会社での扱いや同僚との関係など、頭を抱えることはこれからの人生でも多くあると思います。

そのようなときに相談できる友達はいますか?

もしいないのであれば、家族に相談はできそうですか

それも無理そうなら心療内科に通ったほうがいいかもしれません。

また僕でいいのであれば力になりたいと思いますのでお問い合わせいただければと思います。

rky-affiliate.hatenadiary.com

 誰にも相談できず一人で抱えているといずれ僕のようになる可能性が十分にあります。

そうならないように、一人で抱え込まず誰かに相談する勇気を持ってください。

あなたは一人ではありませんし、友達は相談に進んで乗ってくれると思います。

相談されて迷惑に思うことはまずないはずです。

勇気をもって誰かに相談できるようにしましょう!

 

相談に進んで乗ってあげる

f:id:rky-0619:20210504042001j:plain

次は本人というよりその周りの方に対してです。

友達が何かで苦しんでそうだなと感じたり、困ってそうだと感じたら進んで相談に乗ってあげてください。

そういう時誰かに話せるだけで気が楽になることもあります。

具体的な解決策がなくてもいいんです。

話を聞いてあげるだけでいいんです。

もし周りにつらそうにしている人がいたらぜひ話を聞いてあげてください!

僕は友達に迷惑をかけたくないと思い相談ができませんでした。

僕のように相談ができない人はたくさんいると思います。

僕のような人を生まないためにもぜひ相談に進んで乗ってほしいと思います!

 

最後に

 最後までお読みいただきありがとうございました!

これから就活を控える方にも就活中の方にも社会人や学生の方にも参考になるように記事を書いたつもりですが、わかりにくいところも多々あったかもしれません。

また、僕の文章が拙く読みにくいところもあったかもしれません。

もし何かお困りのことがありましたらお気軽にお問い合わせください!

rky-affiliate.hatenadiary.com

 

 僕は主に大学生活や就職活動のことについて、そのほかに芸能界や日常生活のことについて記事を毎日更新しています。

もしよろしければまたほかの記事もお読みいただけると幸いです!